ここが知りたい少年事件

少年事件6つのポイント
少年事件の基礎知識

事務所紹介

少年事件弁護はお任せ下さい!

少年事件は
お任せ下さい!

被疑者になった少年の未来を守ります。

事務所紹介

少年事件解決までの流れ

少年事件 罪名別ガイド

一都三県刑事事件情報 一都三県の関連機関所在地 採用情報

ご家族の為無料相談24時間受付

03-5532-1112

ご家族の方が逮捕勾留されている場合の相談は1時間まで無料で対応しております。まずは一度お問い合わせ下さい。

強制わいせつ罪|罪名別ガイド

強制わいせつ罪

刑法176条で、6月以上10年以下の懲役

(被害者を死傷させた場合は、刑法181条1項で、無期又は3年以上の懲役)

わいせつ行為とは、いたずらに性欲を興奮または刺激せしめ、かつ、普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道徳観念に反する行為をいうものと考えられています(名古屋高裁金沢支判昭36.5.2)。
具体的には、陰部を指で触れる行為や自分の陰部を押し当てる行為、乳房を触る行為、接吻行為などが該当します。

13歳以上の男女に対して、暴行または脅迫を加えてわいせつの行為をする犯罪を強制わいせつ罪といいます。
13歳未満の者に対しては、暴行・脅迫の有無にかかわらず、またたとえ相手の同意があったとしても、強制わいせつ罪になります。

強制わいせつ罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない親告罪とされています。
犯罪の性質上、起訴により公開の法廷で審理が行われると、被害者が証人として出廷する場合はもちろん、被害者の捜査段階での供述調書が同意書面として取り調べられる場合であっても、被害者の名誉が害され、精神的苦痛等の不利益が増大することを考慮し、親告罪とされています。
ただし、2人以上の者が現場において共同して犯した場合、強制わいせつの罪を犯して致死傷の結果が生じた場合には、非親告罪とされます(180条2項、181条1項)。

痴漢(ちかん)の場合に、強制わいせつ罪と条例違反の両方が適用される可能性があります。強制わいせつ罪と条例違反の区別としては一般的に、手を下着の中に入れた場合が強制わいせつ罪、入れていない場合は迷惑防止条例違反と言われています。
強姦罪と強制わいせつ罪の区別については、姦淫行為(陰茎を陰部に挿入する行為。射精までは不要)があった場合が強姦罪、ない場合が強制わいせつ罪になります。

強制わいせつの類型

痴漢(ちかん)/幼児に対する性的いたずら/手淫/口淫/13歳未満との同意の上でのわいせつ行為/青少年保護育成条例(淫行条例)違反/児童買春・児童ポルノ処罰法違反/準強制わいせつ/強制わいせつ致傷

強制わいせつの取調べの例

(1)被疑者の妻帯の有無、犯行当時の性交渉(SEX)等の状況
(2)被害者を認めた状況および犯行に至る経緯
等についてまで具体的に聴取されるようです。

余罪の有無についても集中的に調べられます。
携帯電話やパソコンが押収されて調べられることも多いようです。
また、家宅捜索がなされてアダルトビデオや雑誌類を押収される場合もあるようです。これは、被疑者の性的嗜好を示す物証として確保されているようで、特に幼児に対する強制わいせつの場合には、押収されることが多いようです。

被害者や被害者の着衣から犯人のものと思われる体液などが採取された場合には、DNA鑑定が行われる場合もあります。

強制わいせつ罪が認められる場合であっても、強姦するつもりで姦淫に至らなかったという場合もあり得ます。
未遂罪は「刑を減軽することができる」と規定されており(刑法43条)、必ずしも減軽されるわけではありません。強姦未遂であれば、強姦罪の法定刑の3年以上の有期懲役を減軽させることができるとなりますが、有期刑の減軽はその長期及び短期を2分の1とします(68条3号)ので、減刑される場合には1年6月以上10年以下の懲役となります。
強制わいせつ罪であれば既遂罪であっても6月以上10年以下の懲役です。
強姦未遂罪となるよりも強制わいせつ罪の既遂となる方が法定刑は軽くなります。
そこで、本当は強姦の意図があったにも関わらず、軽い強制わいせつ罪で裁かれようとしているものではないか、十分に取り調べがなされます。
犯行当時の意図や、犯行状況などが詳しく取調べられます。
例えば、被害者の下着に手を掛けて脱がせようとした場合や、犯人自身がズボンを脱ごうとした場合、暗がりに連れ込もうとした場合などは、強姦の犯意をうかがわせるものとして捜査機関は注意するようです。

強制わいせつの量刑に影響を及ぼす事情

  • 示談が出来ているかどうか示談について
    一般的に被害者の被害感情が強く示談が成立しにくい犯罪です。また、被害者が未成年者である場合には法定代理人である親と示談をすることになります。
    子供の被害を金銭で解決することに抵抗のある親も多く示談はさらに困難になることがあり得ます。また、示談が出来る場合であっても高額になる傾向にあります。
    示談金額については、電車内の痴漢(ちかん)で、ほんの短時間だけ下着の中に手を入れたような事案から、姦淫行為がないだけでほとんど強姦と変わらないような事案まで、犯行態様や被害状況によって異なります。
    痴漢(ちかん)事件の場合には、50万円程度のことが多いようです。強姦に近いような行為がなされた場合には100万円を超えることもあり得ます。
  • 同種前科の有無
  • 余罪の有無

▲ トップへ戻る

弁護活動は時間が経つほど不利になります。
少しでも早い弁護士へのご相談をおすすめします。
ご家族のための無料相談窓口03-5532-1112
前のページへ戻る
ページの先頭へ
Copyright © 2013 少年事件トラブル弁護はお任せ下さい!東京永田町法律事務所 All Right Reserved