ここが知りたい少年事件

少年事件6つのポイント
少年事件の基礎知識

事務所紹介

少年事件弁護はお任せ下さい!

少年事件は
お任せ下さい!

被疑者になった少年の未来を守ります。

事務所紹介

少年事件 事件解決までの流れ

少年事件 罪名別ガイド

一都三県刑事事件情報 一都三県の関連機関所在地 採用情報

ご家族の為無料相談24時間受付

0120-777-132

ご家族の方が逮捕勾留されている場合の相談は1時間まで無料で対応しております。まずは一度お問い合わせ下さい。

強姦罪|罪名別ガイド

強姦罪

刑法第177条で3年以上の懲役

(2人以上が共同で強姦をすると刑法第178条の2で4年以上の懲役)
(強姦の際に被害者を死傷させてしまうと、刑法第181条第2項で無期又は5年以上の懲役)
(2人以上が共同で強姦して被害者を死傷させてしまうと、刑法第181条第3項無期又は6年以上の懲役)

13歳未満の女子に対して姦淫すること、13歳以上の女子に対して暴行または脅迫を用いて姦淫することをいいます。
姦淫行為とは性器の没入をいい、陰茎を膣に挿入した時点で強姦既遂になるので、射精することまでは必要ではありません。
なお、未遂であっても罰せられます(刑法179条)。

否認事件で被害者が13歳以上の場合には、合意の有無が争点になることが多いといえます。
被害者が13歳未満の場合は被害者の同意があっても犯罪が成立します。

強姦罪は被害者の告訴がないと起訴できない親告罪の1つです。
親告罪については一般的に、告訴の期間は犯人を知った時から6カ月という制限が設けられていましたが、平成12年の改正により性犯罪については、この期間制限が撤廃されました。被害による精神的ショックや犯人との特別な関係などにより、短期間で告訴するかどうかの意思決定をするのが難しいためです。
なお、2人以上の者が共同して犯した場合、強姦罪を犯し致死傷の結果が生じた場合には、非親告罪となります。

強姦罪の類型

住居に侵入し強姦/路上で車に拉致して強姦/泥酔させて準強姦/睡眠薬を用いて準強姦/輪姦/美人局/13歳未満との同意の上での性行為/強姦致死傷

強姦罪の取り調べの例

顔見知りの者による和姦の弁解に対しては、犯行前後の交際状況が問題になります。交際状況を示すためには、メールや写真などが証拠となり得ると考えられます。

被害者女性が13歳以上の場合には合意の有無が問題となりますが、その際、

  • 性行為が行われた時刻
  • 性行為が行われた場所
  • 周囲の状況
  • 当事者の関係性
  • 性行為に至る経緯や反抗の具体的プロセス
  • 被害者の年齢、性格、立場、社会経験、性意識、性体験の多少、倫理観等
  • 性行為が行われた際の女性の動作、抵抗の程度
  • 女性の心理状況
  • 告訴、被害届が出されたか、出されたのは犯行直後か時間が経過してからか

といった事情を総合的に勘案して、強姦事件として自然かどうか判断がなされます。

強姦罪の量刑に影響を及ぼす事情

  • 示談ができているかどうか
  • 同種前科の有無

示談について

示談について

そもそも示談が成立しにくい傾向にあります。
強姦罪について被害者の受ける恐怖・屈辱感・怒りは相当なもので、一般的に被害感情が極めて強いため、示談出来ない場合も多いです。
害者が未成年の場合は、保護者と示談交渉をすることになりますが、自分の大切にしている子供が被害者になったという気持ちから金銭面での解決ができないと考えられる場合が多いといえます。
示談できる場合であっても、通常100万円以上かかるようです。300万円以上と高額になることもあります。

強姦罪の近年の量刑は、厳罰化傾向にあります。集団強姦罪の創設や告訴期間の撤廃、法定刑の引き上げが行われています。
被害者に怪我を負わせた場合(強姦致死罪)は、裁判員裁判となります。職業裁判官のみの場合よりも重い判決が出されているようです。

強姦罪について よくある質問Q&Aのページを見る

▲ トップへ戻る

0120-777-132
前のページへ戻る
ページの先頭へ
Copyright © 2013 少年事件トラブル弁護はお任せ下さい!東京永田町法律事務所 All Right Reserved