ここが知りたい少年事件

少年事件6つのポイント
少年事件の基礎知識

事務所紹介

少年事件弁護はお任せ下さい!

少年事件は
お任せ下さい!

被疑者になった少年の未来を守ります。

事務所紹介

少年事件 事件解決までの流れ

少年事件 罪名別ガイド

一都三県刑事事件情報 一都三県の関連機関所在地 採用情報

ご家族の為無料相談24時間受付

0120-777-132

ご家族の方が逮捕勾留されている場合の相談は1時間まで無料で対応しております。まずは一度お問い合わせ下さい。

恐喝|罪名ガイドQ&A

恐喝

「おまえの友達を困らせてやる」と言いながらお金を取りましたが、恐喝罪は成立しますか?困らせようとしているてやる対象がお金を取られた被害者ではないので恐喝にはならないのではないでしょうか。

恐喝罪が成立します。

害悪の対象・相手方は誰でもよいことになっています。

犯罪の被害者が加害者に対して、「告訴するぞ」と伝えて財物を交付させました。恐喝罪が成立しますか?

恐喝罪が成立する可能性があります。

害悪の告知は必ずしも違法なものである必要はありません。犯罪事実を捜査機関に申告する旨告げる行為も、それにより口止め料を請求した場合には恐喝にあたります。

脅したところ、相手が怖がって怯えていたので、目の前にあった財布を取りました。被害者に差し出させたわけではありませんが恐喝罪が成立しますか?

恐喝罪が成立します。

恐喝には相手方の財物の交付が必要ですが、黙認していただけでも財物の交付とみなせます。

金を貸していた相手がなかなか返さないので脅して金を回収しました。恐喝罪が成立しますか?相手はもともとお金を返す義務があるのですから財産的な損害がないのではないでしょうか?

恐喝罪が成立する可能性があります。

恐喝は交付した財産そのものが損害とみる犯罪です。もっとも、権利の範囲内での行使であって、回収方法が相当である場合は、違法性がないとされる可能性もあります。

5万円貸していたのですが相手が返そうとしないので、脅して15万円取りました。債権取り立てが恐喝になるとすると、多く奪い取った10万円についてののみが問題となるのでしょうか?

恐喝でとった額全体の15万円について恐喝罪が成立し、債権額についても恐喝は成立します。

刑法上は、恐喝行為がなければ交付しなかったであろう金額が損害と考えますので、喝取した金額全体について恐喝が成立します。

▲ トップへ戻る

【参考】

第249条(恐喝)

第249条(恐喝)

1 人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

▲ トップへ戻る

0120-777-132
前のページへ戻る
ページの先頭へ
Copyright © 2013 少年事件トラブル弁護はお任せ下さい!東京永田町法律事務所 All Right Reserved