ここが知りたい少年事件

少年事件6つのポイント
少年事件の基礎知識

事務所紹介

少年事件弁護はお任せ下さい!

少年事件は
お任せ下さい!

被疑者になった少年の未来を守ります。

事務所紹介

少年事件解決までの流れ

少年事件 罪名別ガイド

一都三県刑事事件情報 一都三県の関連機関所在地 採用情報

ご家族の為無料相談24時間受付

03-5532-1112

ご家族の方が逮捕勾留されている場合の相談は1時間まで無料で対応しております。まずは一度お問い合わせ下さい。

暴行|罪名ガイドQ&A

暴行

電車に乗ろうとしている人の衣服を引っ張り、その後取り囲んで自由を奪う行為は暴行になりますか?取り囲んだだけで接触していないので、暴行にならないのではないでしょうか?

暴行になる可能性があります。

暴行罪の暴行は人の身体に対する不法な有形力の行使であれば足りるとされています。傷害の結果を引き起こす可能性を必要とはしません。また、常に接触することが必要とされているわけではありません。

人につばを吐きかける行為は暴行になりますか?つばを吐きかけたところで怪我をするわけがないので暴行にならない気がするのですが。

暴行になる可能性があります。

つばを吐きかける行為は物理力の行使であるため、人の身体に対する不法な有形力の行使として暴行となり得ます。傷害の結果を引き起こす可能性は必要ありません。軽微な場合は侮辱罪になる場合もあります。

人の髪を根元から切る行為は暴行になりますか?髪の毛を切ったところで怪我をするわけではないので暴行にならないのではないでしょうか?

暴行になります。

人の身体に対する不法な有形力の行使であると認められています。
場合によっては、暴行に留まらず傷害罪になる可能性もあります。

人を脅かすために自分の傍にあった花瓶を自分の足元に投げ付けて割りました。暴行になりますか?

暴行にはなりません。

暴行とは他人(相手)の身体に対する行為でなくてはならないからです。

人の数歩手前を狙って石を投げました。人には当たっていません。暴行になりますか?相手には接触していないので暴行にはならないのではありませんか?

暴行になる可能性があります。

暴行罪は人の身体の安全を保護するためのものなので、人の身体に対して現実的な危険を生じさせた時は暴行となります。よって、身体に接触していなくても暴行になりえるのです。

▲ トップへ戻る

狭い部屋で人を脅かすために刃物を振り回しました。暴行になりますか?相手には接触していないので暴行にはならないのではないでしょうか?

暴行になります。

暴行罪は人の身体の安全を保護するためのものであるため、接触がなくとも人の身体に対して現実的な危険を生じさせた時は暴行となります。

嫌がらせをするために併走中の自動車に幅寄せしました。暴行になりますか?相手には接触していないので暴行にはならないのではないでしょうか?

暴行になります。

相手との接触はありませんが、人の身体に対して現実的な危険を生じさせているため暴行となります。

人の乗っている自動車に石を投げつけて命中させ、窓ガラスを割ったら暴行になりますか?相手には接触していないので暴行にはならないのではないでしょうか

暴行になります。

暴行罪は人の身体の安全を保護するものであるため、接触がなくとも人の身体に対して現実的な危険を生じさせた時は暴行となります。窓ガラスを割った点は器物損壊罪にもなります。

人の近くで大太鼓を強く連打した場合も暴行になりますか?

暴行になる可能性があります。

騒音による暴行は無形力というべきですが、判例では不法に強烈な音波を用いたこのような場合も暴行に当たるとされています。
また、このような音波の他にも光や熱、電気などのエネルギー作用や、病原菌や麻酔薬などの化学的・生理的作用も暴行となる有形力の行使に値すると考えられています。

怪我をさせる意図はなく人を殴ったところ、相手が怪我をした場合には暴行罪になりますか?

暴行罪は成立しません。

相手を怪我させる気がなくても、人を殴り結果的に怪我をさせてしまった場合は暴行罪ではなく傷害罪となります。

怪我をさせるつもりで人を殴ったのですが、相手は怪我をしませんでした。暴行罪が成立しますか?

暴行罪が成立します。

人を殴るなどの有形力を行使した結果傷害を生じさせなかった場合は暴行罪が認められます。人を殴って怪我をさせようとする意図があった行為であっても、傷害罪にはなりません。

▲ トップへ戻る

ボクシングで相手を殴る行為は暴行罪になりますか?

暴行罪は成立しません。

人の身体に対し有形力を行使しても、スポーツとして行われる場合その行為は不当なものとはならないからです。

人に殴られそうになったためその人を突き飛ばしました。怪我はさせていません。暴行罪になりますか?

正当な防衛行為と認められれば、暴行罪は成立しません。

その行為は不当なものではないからです。

車が事故で歩道に侵入して来たので、逃げるために傍にいた人を押しのけました。怪我はさせていません。暴行罪になりますか?

緊急に避難しなければならない場合と認められれば、暴行罪は成立しません。

その行為は不当なものとはならないからです。

▲ トップへ戻る

弁護活動は時間が経つほど不利になります。
少しでも早い弁護士へのご相談をおすすめします。
ご家族のための無料相談窓口03-5532-1112
前のページへ戻る
ページの先頭へ
Copyright © 2013 少年事件トラブル弁護はお任せ下さい!東京永田町法律事務所 All Right Reserved