ここが知りたい少年事件

少年事件6つのポイント
少年事件の基礎知識

事務所紹介

少年事件弁護はお任せ下さい!

少年事件は
お任せ下さい!

被疑者になった少年の未来を守ります。

事務所紹介

少年事件解決までの流れ

少年事件 罪名別ガイド

一都三県刑事事件情報 一都三県の関連機関所在地 採用情報

ご家族の為無料相談24時間受付

03-5532-1112

ご家族の方が逮捕勾留されている場合の相談は1時間まで無料で対応しております。まずは一度お問い合わせ下さい。

一都三県の刑事事件情報

埼玉県の少年事件情報

1、刑法犯 ※成人を含む人数

刑法犯認知件数
平成24年平成23年
刑法犯総数93,157件100,253件
凶悪犯528件484件
粗暴犯4,488件3,419件
窃盗犯71,172件78,282件
知能犯1,540件1,765件
風俗犯629件561件
その他14,800件15,742件

(埼玉県警HPより)

刑法犯検挙件数
平成24年平成23年
刑法犯総数26,704件29,126件
凶悪案414件379件
粗暴犯3,406件2,559件
窃盗犯16,882件19,234件
知能犯822件855件
風俗犯413件407件
その他4,767件5,692件

(埼玉県警HPより)

刑法犯検挙人員
平成24年平成23年
刑法犯総数18,681人19,672人
凶悪案338人268人
粗暴犯3,556人2,706人
窃盗犯9,764人10,899人
知能犯510人512人
風俗犯300人280人
その他4,213人5,007人

(埼玉県警HPより)

全侵入窃盗
平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年
認知件数13,27211,2409,6348,7827,9207,708
検挙件数6,1315,2405,5705,4884,5463,768
検挙率46.246.557.862.557.448.9

(埼玉県警HPより)

住宅対象侵入窃盗
平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年
認知件数9,8727,5285,6895,4604,5044,392
検挙件数3,8893,8353,5503,6642,5311,764
検挙率43.850.962.467.156.240.2

(埼玉県警HPより)

2、街頭犯罪

ひったくり
平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年
認知件数2,1841,7331,8621,2331,5351,309
検挙件数1,0701,699877530920665
検挙率49.098.047.143.059.950.8

(埼玉県警HPより)

自動車盗
平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年
認知件数2,6341,2951,3831,4771,7661,993
検挙件数1,9801,356598473324217
検挙率75.2104.743.232.018.310.9

(埼玉県警HPより)

オートバイ盗
平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年
認知件数5,6125,4345,6335,8584,6584,096
検挙件数1,215941508383440307
検挙率16.89.36.86.29.47.5

(埼玉県警HPより)

自転車盗
平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年
認知件数31,44533,28933,01229,72827,02324,706
検挙件数1,5231,7681,8231,8181,2821,134
検挙率4.85.35.56.14.74.6

(埼玉県警HPより)

車上ねらい
平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年
認知件数9,7849,8229,8548,4067,5915,948
検挙件数1,0321,3351,5288441,140613
検挙率6.010.515.910.015.010.3

(埼玉県警HPより)

部品ねらい
平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年
認知件数4,8944,6464,6434,0594,1703,721
検挙件数273265296793422573
検挙率5.65.76.419.510.115.4

(埼玉県警HPより)

自動販売機ねらい
平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年
認知件数3,5922,6121,4051,6981,4811,329
検挙件数11317536289302304
検挙率3.16.72.617.020.422.9

(埼玉県警HPより)

3、万引き

少年の学職別構成
小学生中学生高校生有職無職合計
全体(人)911751415196
男子(人)79432010147
女子(人)223194549

(埼玉県警HPより)

学職別でみると、中学生117人、高校生51人を中心として構成され、両者で全体の85.7%を占めています。
男女別では男子が147人(75.0%)、女子が49人(25.0%)を占めています。

学職別構成(成人との比較)
平成20年平成19年平成18年平成17年
未就学・小学生7691106120
中学生796807764845
高校生591548684792
大学・専門42626068
有職72666972
無職131142147141
合計1,7081,7161,8302,038

(埼玉県警HPより)

刑法犯の学校・職業別、年齢別検挙・補導人員(人)

中学生・高校生と大学生以上では、人数に大きな違いがあります。大学・専門、有職、無職を合計しても、高校生や中学生の人数には及びません。
ここからも、万引きは中学生や高校生といった少年に多い犯罪であるといえます。

犯行時の所持金

犯行時の所持金が0円の少年が57人と最も多く、次いで1,000円~1,999円の少年が35人、500~999円の少年が24人となっています。
学職別では、中学、高校と年齢が高くなるにつれて所持金を持っているにもかかわらず、犯行を行っている割合が高くなる傾向にあります。

犯行の曜日

水曜日及び土曜日に犯行が多い傾向にはありますが、どの曜日においてもある程度の発生が認められます。

犯行の時間帯

犯行時間帯は15時から19時に集中しています。学校の授業が終わってから、帰るまでに犯行を行う少年が多いことがうかがえます。

弁護活動は時間が経つほど不利になります。
少しでも早い弁護士へのご相談をおすすめします。
ご家族のための無料相談窓口03-5532-1112
前のページへ戻る
ページの先頭へ
Copyright © 2013 少年事件トラブル弁護はお任せ下さい!東京永田町法律事務所 All Right Reserved