ここが知りたい少年事件

少年事件6つのポイント
少年事件の基礎知識

事務所紹介

少年事件弁護はお任せ下さい!

少年事件は
お任せ下さい!

被疑者になった少年の未来を守ります。

事務所紹介

少年事件解決までの流れ

少年事件 罪名別ガイド

一都三県刑事事件情報 一都三県の関連機関所在地 採用情報

ご家族の為無料相談24時間受付

03-5532-1112

ご家族の方が逮捕勾留されている場合の相談は1時間まで無料で対応しております。まずは一度お問い合わせ下さい。

一都三県の刑事事件情報

神奈川県の少年事件情報

1、非行少年

非行少年とは、犯罪少年、触法少年およびぐ犯少年をいいます。
犯罪少年とは、犯罪に該当する行為をした少年をいい、刑事未成年者である14歳未満の少年は含まれません。
犯罪の種類は限定されていないので、刑法犯に限らず、道路交通法違反や毒物及び劇物取締法違反などの特別法犯の場合にも、犯罪少年の対象となります。

触法少年とは、14歳未満で刑罰法令に触れる行為をした少年をいいます。14歳未満の少年は刑事責任能力がないため刑罰法令に触れる行為を行っても犯罪とはならず、捜査をすること、刑罰を科すことも許されません。14未満であるという年齢以外は、犯罪少年と同じということになります。

ぐ犯少年とは、次に掲げる事由があって、その性格または環境に照らして、将来、罪を犯しまたは刑罰法令に触れる行為をする恐れのある少年をいいます。
 ①保護者の正当な監督に服しない性癖のあること
 ②正当な理由がなく家庭に寄りつかないこと
 ③犯罪性のある人もしくは不道徳な人と交際し、またはいかがわしい場所に出入りすること
 ④自己または他人の徳性を害する行為をする性癖のあること

ぐ犯少年を早期に発見して適切な保護を加えることで、少年の健全な育成を図るとともに、犯罪の発生を未然に防止しようという考えから、犯罪とまではいえない行為についても、取り締まりの対象とされているのです。

不良行為少年とは、非行少年には該当しないが、飲酒、喫煙、深夜徘徊、その他自己または他人の徳性を害する行為をした少年をいいます。

非行少年等の検挙・補導人員(人)
区分平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年
合計9,0118,6567,9677,6017,807



刑法犯犯罪少年7,7117,3586,7576,1475,853
触法少年743654457444473
8,4548,0127,2146,5916,326
特別法犯犯罪少年5366157239901,451
触法少年91917815
5456347409981,466
ぐ犯少年1210131215
不良行為少年160,465164,529131,180139,376146,863
少年人口(10~19歳)792,274791,870795,182800,949824,967
刑法犯少年の人口比10.7人10.1人9.1人8.2人7.7人

(神奈川県警HPより)

平成23年中に神奈川県内で検挙・補導された非行少年は7,807人で、前年に比べて206人増加しています。
一方、刑法犯少年は4年連続で減少しており、平成19年と比べて2,128人減少しています。

2、刑法犯少年

刑法犯少年とは、刑法に規定する罪を犯した犯罪少年、及び同法に触れる行為をした触法少年の総称をいいます(交通事故による業務上過失致死傷罪、危険運転致死傷罪を除く)。
刑法犯は以下の罪種別に分類されます。
窃盗犯:万引き、空き巣、ひったくり
凶悪犯:殺人、強盗、放火、強姦
粗暴犯:凶器準備集合、暴行、傷害、脅迫、恐喝
知能犯:詐欺、横領、偽造
風俗犯:賭博、和季節(強制、公然、販売等)
その他:占有離脱物横領

刑法犯の罪種別検挙・補導人員(人)
区分平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年
凶悪犯殺人34521
強盗5983393473
放火117304
強姦24554
小計7596524182
粗暴犯暴行130142121109105
傷害447486509482506
脅迫13167511
恐喝115119121115128
凶器準備集合5221903
小計757754767711753
窃盗犯4,9494,5643,9683,5253,297
知能犯7360638695
風俗犯3335615263
その他占有離脱物横領1,6971,5691,4911,3691,327
住居侵入519565508477402
その他351337304330307
小計2,5672,4712,3032,1762,036
合計8,4548,0127,2146,5916,326

(神奈川県警HPより)

刑法犯を罪種別でみると、窃盗犯が4年連続で減少していますが、凶悪犯、粗暴犯、知能犯、風俗犯が前年に比べて増加しています。

刑法犯の学校・職業別、年齢別検挙・補導人員(人)
刑法犯の年齢別検挙・補導人員(人)
区分平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年
14歳未満743654457444473
14歳1,7851,7831,7261,5121,384
15歳1,8051,7761,6481,4401,399
16歳1,6321,5791,3621,2551,194
17歳1,008967812813759
18歳813685618600587
19歳668568591527530
合計8,4548,0127,2146,5916,326

(神奈川県警HPより)

平成23年中に刑法犯で検挙・補導された少年を学校・職業別でみると、中学生が2,515人と最も多く、次いで高校生の2,219人となっており、中・高校生が全体の74.8%を占めています。
年齢別では、15歳が1,399人と最も多く、15歳以下が全体の51.5%を占めています。

3、特別法犯少年

特別法犯少年とは、刑法及び交通法令以外の刑罰法令に違反する行為をした犯罪少年および触法少年をいいます。
刑法及び交通法令以外の法令とは、具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 軽犯罪法
  • 銃砲刀剣類所持等取締法
  • 毒物及び劇物取締法
  • 風俗営業適正化法
  • 大麻取締法
  • 麻薬及び向精神薬取締法
  • 売春防止法
  • 覚せい剤取締法
  • 迷惑防止条例など
特別法犯少年の法令別検挙・補導人員(人)
区分平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年
軽犯罪法2993213996811,114
迷惑防止条例51377070100
青少年保護育成条例2419182315
銃刀法2319231814
出会い系サイト規制法1393836159
薬物関係法令8469544350
その他517693102114
合計5456347409981,466

(神奈川県警HPより)

平成23年中に特別法犯で検挙・補導された少年は1,466人で、前年に比べて468人増加しています。特に軽犯罪法で検挙・補導された少年が多いようです。

薬物関係法令の詳細人員(人)
区分平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年
毒物及び劇物取締法違反441013128
覚せい剤取締法違反2122161621
大麻取締法違反1731251217
麻薬及び向精神薬取締法違反26034
合計8469544350

(神奈川県警HPより)

平成23年に薬物乱用で検挙・補導された少年50人を、学校・職業別でみてみると、有職、無職少年が43人で、全体の86%を占めています。

4、街頭犯罪少年

路上強盗、ひったくり、自動販売機ねらい、車上ねらい、部品ねらい、自動車盗、オートバイ盗、自転車盗の8罪種を街頭犯罪といいます。

少年の街頭犯罪検挙・補導人員(人)
区分平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年
路上強盗2761251842
自動車盗409301517
オートバイ盗503496605527410
自転車盗1,073969983897818
車上ねらい3120221716
ひったくり7485706849
自動販売機ねらい5035273744
部品ねらい891151015574
合計1,8871,7901,8631,6341,470

(神奈川県警HPより)

平成23年の街頭犯罪の検挙・補導人員は1,470人で、2年連続で減少しています。
しかし、個別にみていくと、路上強盗、自動販売機ねらい、部品ねらい、自動車盗の人員数は増加しています。
これらの非行は集団で行っている場合が多いため、少年一人ひとりに対して、非行集団からの離脱や新たな居場所づくりなどを通して、大人が少年の立ち直りに関わっていくことが大切です。

5、不良行為少年

不良行為少年とは、非行少年には該当しないが、飲酒、喫煙、深夜徘徊、その他自己または他人の徳性を害する行為をした少年をいいます。

不良行為少年の補導人員(人)
区分平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年
飲酒2,4852,1542,3012,1822,461
喫煙49,36750,92841,34649,24152,443
深夜徘徊92,41397,57884,54484,33988,911
怠学9841,2451,0201,3851,076
その他15,21612,6241,9692,2291,972
合計160,465164,529131,180139,376146,863

(神奈川県警HPより)

平成23年に不良行為少年として補導された少年は14万6,863人で、そのうち96.2%が深夜徘徊、喫煙による補導です。
深夜徘徊をきっかけに非行集団に引き込まれたり、犯罪の被害に遭う可能性が高くなります。また、少年の飲酒や喫煙は少年の身体や心に悪影響をあたえることになります。
飲酒や喫煙を繰り返すうちに、薬物への抵抗感、罪悪感が低下し、薬物乱用や他の非行へと踏み込んでしまう危険性が高まるので、不良行為の時点で十分に指導することが大切です。

弁護活動は時間が経つほど不利になります。
少しでも早い弁護士へのご相談をおすすめします。
ご家族のための無料相談窓口03-5532-1112
前のページへ戻る
ページの先頭へ
Copyright © 2013 少年事件トラブル弁護はお任せ下さい!東京永田町法律事務所 All Right Reserved